T.DRIVE BLOG
T-DRIVEの日々の様子を中心に様々な情報を随時発信!
皆様からのコメントもお待ちしています。

暑いですね

DATE : 2010年7月31日

IMG_2010連日猛暑日で体もバテバテ、車もバテバテ。

特にクーラーの付いていないお車のオーナーはつらい季節ですね。

という事で、久しぶりに、エリーゼのクーラー取り付けいたしました。

何台か経験がありますが、結構なんぎな作業です。

でも取り付けた後は、冷え冷えです。

幸せ一杯のS様、取り付けありがとうございます。

車は冷え冷えですが、ハートは熱々ですね。

大阪Bay Blues

DATE : 2010年7月28日

この週末はお仕事で、大阪へ行ってきました。

まずはお客様の元へ、お車の納車です。(暑過ぎで、おしゃべりだけで限界)

まづはここで笑顔ひとつ頂きました。(写真撮り忘れby暑くて)0

そしてここからは、自分の笑顔の為に、まずは腹ごしらえ、大阪へ来た際必ずよる

すしぎんさん最高です。次は最近趣味の自転車関係で、イタリア人のLuigiさんのお店

・BI・CI・CLASSICAへロードバイク探しえへ、こちらは60S`~90S`のクロモリの

ギャラリーです。それから本日の宿泊場所、シェラトン大阪へ、当然キャリアカーで

乗りつけ駐車もOKです。それも緊急車両用駐車スペースです。ある意味緊急車輌

ですね。ここで少し休憩をはさみ、ここからが本番、新潟県人で友人のOSUGIさんの

お店DOG HOUSEへ、ここは英国パブ鶴橋バージョンてな感じの、素敵なパブです。

こちらでビールをいただき、お次は鶴橋と言えば焼肉、七輪さんで、ホルモン、色々

いただきました。ここでOSUGIさんは職場復帰、残された僕と、同行のKITAさんと

タクシー飛ばし、北区のビートルズライブ・キャバンクラブへここでモルト片手に、

2ステージ楽しませて頂き、再度DOG HOUSEへ、OSUGIさんのお仕事が終わり次第

次はお好み焼きみちよしさんへ、ここでは、トン平さんと、うそ(焼きうどんとそばMIX)

をいただきました。そして最後に、OSUGIさんのお客様の外人が帰国するとの事で、

サヨナラライブしている、妖しいライブハウスへ、全身タトゥーにスキンヘッド、

耳にタバコ挟んでギタープレー、ロックですね。

という感じでホテルに着いたのがAM3:00確か新潟出発したのもAM3:00

久しぶりに完徹しちゃいました。我ながらTAFU.

朝はAM8:00に起床、丸福珈琲でモーニングして、道頓堀を散歩してから、大阪に

別れを告げました。新潟に着いたのがPM7:00,JAMESのMARUちやんを呼んで

下の鳥やすで、乾杯、無事を祝いました。

とても長い週末でした。

至福の時間

DATE : 2010年7月22日

お客様のFerrari F430のメンテナンスを終え、ガレージへ納めさせて頂いた時、

とても幸せな気持ちになり、この心地よい空間をぜひ皆様にお見せしたいと、

オーナーにご相談致しましたら、了解頂けましたので、公開させて頂きます。

当店でたずさわりました、車輌が、こんなに素敵なガレージに住まわせて頂ける事が、

とても幸せです。

お客様の笑顔の為に、まだまだやるべき事は山ずみですが、健康管理をして、

これからも末永く、全力で走り続けますので、よろしくお願いいたします。

感謝。

DATE : 2010年7月20日

この連休は、久しぶりに父親になれました。

1日目は、家のファミリーと奥様の妹ファミリーと、湯沢のフィッシングパークへ

魚釣りへ出かけました。道中ミッキーバスに遭遇、そこで一盛り上がり、現場へ

釣りまくって完食、お次は温泉へ、数年ぶりに、じょんのび館のお湯につかり、

1年ぶりにラーメンこまどりで、餃子、鳥物、たこわさ、鳥たたき、味噌ラーメンで〆

充実の1日目となりました。

写真のギャルは当店の未来のレースクイーンです。どうぞよろしく。

2日目は実家へ自身の父を見舞い、2階から1階へおんぶして引越し、

夕食に大畑の鈴の井さんのうなぎをお土産に、精を付けてもらい帰宅

そうそう翌日は自分の人間ドック、pm8:00以降、飲み食いできなくなるので、

早々に、飲食を済ませ、明日得備えました。

父ずくめの連休でした。

間瀬らて@新潟弁

DATE : 2010年7月17日

新車よりお乗り頂いています、クワトロポルテさんが車検でいらっしゃいました。

現代の間瀬らて、とは違う、危険な香りを、各部にかもしだしています。

おっとその隣は、ピッタンコのロータスヨーロッパさんが車検で、ご滞在中でした。

Lotsu TCエンジンはええ音でマッセ。

calender

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2010年 7月
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    NEW ENTRIES

    CATEGORY

    • カテゴリーなし

    ARCHIVE